プロの役者、修行中の役者のためのワークショップ

'Keep your skills up to date - an actor can't afford to think he/she has trained enough'

成功する役者のほとんどは一つのアクティングテクニックにとらわれていない。 現在の様々なテクニックは過去それぞれの時代に沿った意味と目的を求めて模索され、完成されたものです。ステージ上で有効なテクニックはカメラの前では通用しないかもしれない。コメディーにおいては、実は惨劇のスキルを求められる。ポストモダン作品ではブレヒトのテクニックとスタニスラフスキーのテクニックを組み合わせて有効に使う。更には一人として同じ役者はいない。だから役者を見ていて面白いと感じる個性を伸ばさなければならないのだ。ほとんどのテクニックはメリットとデメリットがあるため、どのテクニックをどの場面で必要とされているのかを見極める事も役者には求められているのです。

このワークショップで幅広いテクニックを学ぶ事で、各プロジェクトには何が必要とされているのかが分かるようになり、演技をもっと深く理解し、楽しむ事ができるようになります。俳優としてのスキルが上達すればするほど、様々なシチュエーション、舞台上での仲間関係、プロダクションそのものへの対応がより良くできるようになります。

 

グループワークショップ

グループ:最小6人、最大 14人

ワークショップ1自分の人生経験を活かす—このワークショップでは、最初にスタニスラフスキー(Konstantin Stanislavski)システム、マイズナー式(Stanford Meisner)、チュボック式(Ivana Chubbuk)のテクニックを学びます。それらを自分のものとして消化し、応用できるテクニックを身につけていきます。その中で自分の人生経験がどのように役作りや、役者としての自分に影響を与えているのかを探求していきます。最終的には、自分の役者としての可能性を広げ、自分の演技の判断力・行動力・反応力に対しての意識を高めること、そして共演者と共に演技を生み出すことを発見し習得します。

3時間のワークショップお一人様6000円 

ワークショップ2 メソッドを超えて—このワークショップではどうスタニスラフスキーが役者観を変えてきたかを見る事から始めます。さらにベルトルト・ブレヒト、アントニン・アルトー、ピーター・ブルック、ポール・ビナーツ、 サイモン・マクバーニー(野田秀樹も共に仕事をした)などのポストモダン演劇プロデューサー達が現代の役者に必要なスキルをどう変化させてきたのかを学びます。そしてヨーロッパと日本の伝統的なテクニックから学べる事は何かまで掘り下げて行きます。世界の様々な演劇人たちを研究し、あなた自身がそれにどう反応するのかを体験し、その中から自分にあったテクニックを習得します。練習には台本とアドリブを使用します。

3x3時間のワークショップお一人様16000円

ワークショップ3 フィジカルワーク−このワークショップではあなたの一番の基礎となる体と声つまり演技の道具としての身体にフォーカスを当てます。身体を使ってどれだけの表現が出来るのかを体験することで、ステージ上での身体の使い方を向上させていきます。同時にステージでの存在感、静止の力、息づかい、自身の強みと弱みを探って行きます。ワークショップの最後にはグループでショート・フィジカルパフォーマンスを創作し披露します。

3時間のワークショップお一人様6000円

ワークショップ4パフォーマンスの創作—これは参加者による、パフォーマンスを手がけるワークショップです。一つのグループとして、手渡されたタスクや条件で制作を手がけます。 他の参加者とお互いにインスパイアしながら、アンサンブルとしての共同作業を進めていく中で、グループ独自の劇を創作していきます。独創性は常に勇気を伴います。勇気を持って独創的な劇に仕上げてください。あなたがどうアンサンブルに関わり、貢献するのかはあなたに委ねられます。デサイン、台本、などの作成を試してみたいのならばチャンスです。アンサンブルとして一人一人のインプットが一つの作品として繋がらなければならないため、あなたの創造性を伸ばしていきます。なぜ演劇人になりたいのかを探り、夢にも思わないチャレンジに遭遇し、そして問題を解決して行く過程を楽しむ。つまり、少しの勇気を持ってすれば、いわば「世界はあなたの意のまま」という体験をすることができます。

5x3時間のワークショップお一人様25000円

個人コーチング

一対一でのコーチングは直接アポをとっていただき、料金は一時間ごとになっています。アポを取る際に、何時間予約したいかと、なにを上達させたいのかを教えていただく事で、オーダーメイドでコーチングプランを作成します。

ワークショップ1オーディションの練習、テレビや舞台の役の練習・フィードバックが欲しい方。あなたが何を訓練したいのか(台本、カメラ演技、フィジカルムーブメント、メソッド演技テクニック、声、などなど)を選び、持って来てください。それを様々な目線、テクニックで探り、上達させます。

最初の一時間が7000円。その後は一時間ごとに5000円加算

ワークショップ2 自分の演技力を上達させたい、チャレンジが欲しい、それともすでに学んでいるスキルを磨きたい方に。台本またはインプロでワークショップを行います。

最初の一時間が7000円。その後は一時間ごとに5000円加算

ワークショップ3:声とスピーチ−声だけにフォーカスを当てたい方、プレップ(役・舞台の前の声の準備のエクササイズ)など、ワークショップで学ぶスキルをテキストに活用し身につけます。

最初の一時間が7000円。その後は一時間ごとに5000円加算

 

 

FOR PROFESSIONAL ACTORS, OR ACTORS IN TRAINING

Most successful actors don’t restrict themselves to using one acting technique only. Different techniques were designed in different eras, for different reasons and with different goals. Stage techniques might not work in front of a camera, comedy requires different skills from tragedy, Brecht’s techniques can be used together with Stanislavski’s in post-modern plays, and one actor is different from the other. That makes actors interesting to watch. Most techniques have both advantages and disadvantages, and it’s good to know when to apply which technique.

The more you know about different techniques, the better you know what works for you and for the project, and the more enjoyable acting becomes.

The more skilled you are as an actor, the better you can react to various situations, to your fellow actors and to the production itself. But it also makes you grow as an actor, as you have made choices and explored your own persona.

 

- GROUP WORKSHOPS

Groups – minimum 6, maximum 14.

Workshop 1. Tapping into your own life experience – this workshop starts with the Stanislavski system, Meisner and Chubbuck, and then takes it further into a practical technique. You will explore how your life experience contributes to you being an actor and to your parts. You discover how to push boundaries in your acting, how to become more aware of your actions, and how to play together with your fellow actors.

Per 3 hour-workshop, p.p - Y 6000

Workshop 2. Beyond the Method – these workshops look at what Stanislavski has changed for us actors, and continues by looking at what theatre makers like Brecht, Artaud, Brook, Binnerts, McBurney (who worked with Hideki Noda), and other post-modern makers added to the skills that a modern actor needs, and what we can learn from more traditional techniques from both Europe and Japan. You will explore what various practitioners have done and how you react to that and what you can use from their work. We will use text and improvisation.

3 x  3 hour-workshop, p.p- total Y 16,000

Workshop 3. Physical work – this workshop concentrates on your instrument, the voice and the body. You will explore the powers of expression of your own instrument, which enhances the awareness of the use of it on stage. We look at stage presence, the power of stillness and of breathing, and of personal strengths and weaknesses. Also, as a group we will create a short, physical performance.

Per 3 hour-workshop, p.p - Y 6000

Workshop 4. Devising a performance – these workshops result in a performance which is made by the participants. As a group you will be set tasks and parameters within which you need to work. The ensemble work requires you to work together, be inspired by and inspire others, and to have courage to create something that is unique to your group. You can choose how you want to contribute, so if you want to try design or writing dialogues, this is your chance. However, as an ensemble we all need to contribute in such a way that the result is part of us. These workshops are great for exploring your creativity, finding out why you want to be an actor, taking on challenges that you never thought you’d be up against, and having fun problem solving. The world is your oyster – you call the shots!

5 x3 hour-workshop, p.p- total Y 25,000

 

- PRIVATE COACHING

One-on-one coaching is done by appointment, and you will be charged per hour. We want you to tell us what it is you want to work on, so we can come up with tailor-made solutions.

Workshop 1. You want to prepare for an audition or a part for television or theatre. You choose what you want to work on, for example text, camera acting, movement, method acting techniques, voice, etc. 

First hour - Y 7000. Subsequent hour(s) - Y 5000

 

Workshop 2. You want to expand your acting skills, challenge yourself, or brush up your existing skills. We work with text and/or improvisation.

First hour - Y 7000. Subsequent hour(s) - Y 5000

 

Workshop 3. Voice and speech: if you only want to work on your voice, we work with preparatory exercises and apply skills to text.

First hour - Y 7000. Subsequent hour(s) - Y 5000